今日、とあるお客さんのところで、WindowsXPからWindows7へ移行する作業を受託しました。

データ量も非常に膨大だったこともあり、万全を期するため、データ移行プログラムを使うことにした。
価格もいい値段するので、買う事に躊躇した私ですが、ダメだったら赤字補填すりゃいい

そんな破れかぶれで購入した「ファイナルパソコン引越しPro7

このソフトの売りは

「データ移行」+「アプリケーション移行」というとにかく面倒な作業を一手にしてくれる夢のようなソフト。

ただ、何が起きてもよい様にアプリケーションの準備やバックアップハードウェアを一式準備して現地へ向かいました。

今回は、ハードディスク容量が500GBに対し、データ移行対象が約50GB

本来は、DVDや専用ケーブルで移行するらしいのですが、私は外付けハードディスクをメディアとして採用。データをいったん確保した上で作業開始。

作業時間は、データ格納から移行まで約4時間。

とにかくかかりました。

ただ、作業を開始してから終了までほぼ「放置」

気にしたことは「作業時間の進捗」を見るだけ

後は、ずっとお茶を飲みながらのんびり状態を見守るという事

このソフトが便利だと思ったのが

「データ移行」だけなら、誰でも可能ですが

「アプリケーション」の移行は、専門家である私たちでもやはり「無理」がでてきます。

これまでは、新しいパソコンにあらかじめアプリケーションをインストールした上で、データを流し込むという方法でした。

この「ファイナルパソコン引越し」ならば、そんな手間が無く、アプリケーションのインストールも必要最小限にとどめられ

これほど便利な事も無いソフトウェアに正直「感動」しました。

低価格で、これほど便利なソフトにただただ驚きですが

「セキュリティソフト」のインストールがある場合やはり入れ直しになります。

それをのぞけばおおむね満足です

久しぶりのヒット作でした。

ファイナルパソコン引越しPro(AOSテクノロジー)
http://www.finaldata.jp/hikkoshi/