当社では、証拠保全に関するITサポートを受託しております。対象者は、IT機器から抽出するデータの取り出しおよび、データの分析等です。

証拠保全に関する事件番号は「令和〇〇年(モ)〇〇号」です。

業務の流れ

  • (1)証拠保全を必要とする対象物の精査
  • (2)依頼者(代理人)との契約書締結
  • (3)費用等に関するお見積
  • (4)当日指定された現場へ訪問
  • (5)現地作業(平均2~4時間)
  • (6)依頼者へ成果物の引渡・お支払い

契約対象者

当社(ITサポート長崎)と裁判所申し立てを行う弁護士と契約になります。

なお、申し立てを受ける相手方及びその代理人は対象外です

受託費用

長崎地方裁判所本庁管轄 200,000円(消費税別)

他の裁判所管轄の場合は別途交通費が必要です。

上記費用には証拠保全の現地作業・弁護士との打ち合わせ・データ分析等に関する費用が含まれております。

受託可否に関する審査

依頼者が当事者の場合は、当社より弁護士をご紹介いたします。

原則として弁護士よりご連絡をお願いしております。なお、依頼内容により受託出来ない場合がございます。

機密保持契約の締結

業務の性質上、機密保持契約を締結した後に業務を引き受けます。

証拠保全申し立てに関するご相談

1 弁護士に依頼している場合

代理人弁護士よりご連絡をお願いします。ご相談は無料です。

2 弁護士に依頼していない場合

当社を通じて弁護士に依頼可能です。

そのほか

本件に関するサポートの期限は業務の性質上、設けておりません。ご相談はメール・お電話いずれも可能です。

ご不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせください。
ITサポート長崎 050-3355-5050