今まではWindowsのOSにたいして、海賊版チェッカーがインストールされていましたが

先月あたりからOfficeチェッカーがインストールされるようになりました

元々の発端は、ライセンス料が高額であるというのが主な理由です
こういうチェッカーが働き出すのは、いわゆるマイクロソフトならではのやり方かもしれません。

世界中のOSシェア90%を持つ同社にとって、影響力は多大なでありますが、

個人的には、他社をけ落とすくらいの魅力的な価格帯で出して欲しいのが正直な感想であり

Windowsのライセンス1件 3000円(Windows7HomePremium)
Officeのライセンス1件5000円(パーソナル版)

になれば良いのですが、知的財産権を考えれば十分競争力のある価格帯になるのではないかと思います

もっとも、他のOSについては、MacOS Xが唯一対抗出来るOSですが、もっと様々なOSの上で動くアプリケーションが充実しないことには今後もMicrosoftの独占は続きそうです。

私がWindowsを使う理由は、シェアが多いからだけであり

仕事として見た場合には、どれを使っても影響は無いと思います