今日、ノートパソコンの件についてメーカから連絡がはいった。

開口一番、今回の原因は「突然充電できなくなるんです」という説明。

私が知りたかったことは「なぜ充電できなくなるのか?」ということで、「充電できん」ということは誰も尋ねていない。

よくわからないと思うので、詳しく説明すると

電池=消耗品 ということは、時計や電化製品など、電池を使う機械は大変、多く、切れたら交換。というのは、いわば社会通念上、常識といえる部分である。

しかし、電池の消耗は、充電率が悪くなるため、充電しても10分も持たない、すぐに電池切れしてしまう。という話は、もっともで、2時間使えた電池が、突然充電できなくなるというのは電池の寿命ということは考えにくいからだ。

私自身も、仮に「電池」を交換しても、改善する可能性は五分五分だった。

もちろん、通販で相場はもちろんのこと、購入する準備はできていた。

しかし、交換したが「充電できなかった」では、笑えないからだ。

前者として考えるには可能性はあった。

しかし、後者の「充電できませんでした」も十分考えられる要素だけに、保険修理も可能性としてとらえた(電池が保証対象外ということは、消耗品は対象外という事由より明らか)

そのための判断が「電池がおかしいんで、保証対象外」というのは早計ではないか。

逆に言えば「なぜ、急に充電ができなくなるのか?」ということだ。

この点は修理をうけた販売店は答えきれるはずがない。

メーカは原因となるプロセスを解明する義務があると思う。

私はここが一番知りたかったのだ。

液漏れとか破損というが、電池が破損や液漏れしたら「最後」であり、「欠陥品」以外なにものでもない。

この辺については、電気の専門家の意見も是非聞いてみたい限りである。