ここ数年、パソコンの故障率が大幅に上がったように見えます。

主な原因は、駆動系がほとんどですが、液晶ディスプレイの故障もやはり多く、故障箇所は場所を問わないように思えます。

一方で、故障しないように使うには、どうしたらよいか?といえば

・・・丁寧に使う

ことはもちろんですが、パソコンの手入れも年に1回はしてみてはいかがでしょうか。

以外と「ほこりをとったり」「画面を拭いたり」「配置を変えたり」するだけで、だいぶん効果が上がることがあります。

特に、通風孔付近はゴミがたまりやすい為、この部分を掃除機で吸い取るだけで、パソコンの故障は大幅に減らすことが可能になってくるのです。

パソコンの故障が「熱暴走」と言われた時代がありました。

現在も、「熱暴走」による故障は、一向に減る兆しはなさそうです。

構造が特にほこりを集めやすい為、定期的な清掃は必要ではないかと思うのです。

機械は動かす限り、故障は付き物です。

故障を未然に防ぐためにも、パソコンの手入れを是非やってみてはいかがでしょうか。