あさから、ライティングソフトについて相談があった

DVD−RとCD−Rの違いは何か?と尋ねられた。

結論から言うと

同類

が正解。

違いは何か

書き込み容量が違う

だけ。

なんてシンプルな話で「ふざけている」といわれそうですが

これが事実。

専門的にいえば

「書き込み精度はDVDが高い」ということで

CDは一番古い規格ということ

たまに、CD−RWは書き換えできるから便利じゃないか

といわれる方がおられる。

私は、個人的な理由でおすすめしていない

理由は次の通り

*書き込み速度が遅い

*単価が高い

*ソフトからの読み書きに制約がある(ほかのCD−Rなども同様)

*専用ソフトを使わないと書き込みができない

*読み込み専用である

*削除に関する制限ができない

数点は、他のディスクと同じ事だが、メリットを感じないのが私個人の見解である。

同じ事をするならば、CDRWよりも「MO」の方がずっとよい。

書き込み速度はCDのように高速でないが

ソフトからの読み書き自由

耐久性は高い。ただし、ディスクも高い

世の中思うようにいかないものである。