ネットショップを始める時に必要になるのが、物流企業との契約

どこがよいのか?考えたときに、ヤマトと佐川の二社がほぼ物流シェアの8割を占めるので
どちらかと契約していればまず問題無い。

ただ、気をつけなければいけないのは「需要」としてどちらが自社に適しているのか?という事

IT化が進んでいるが、やはりトータルサービスでは、ヤマトに一日の長がある

だからといって佐川が遅れているとはとうてい思えない

オンラインサービスの機能性で、法人顧客向けの佐川に対し、個人に力を入れているヤマトでは、立場の違いで方向性に差が出ている

佐川の場合は、法人サービスが充実しており、特に「本人確認サービス」は現時点で、佐川しか提供されておらずこの点も特筆するところ

IT化を推進する際、代引きサービスが一番選択の分かれ目ですが

ヤマト・佐川は「カード決済」ができる端末を既に開発している事もあり、よいが

それ以外の物流企業は残念ながら、現金のみとなっている

ペリカン便を運営していた日通は結局、カード決済のサービスを導入できないまま日本郵便と合併
・・・・。

物流企業を選ぶならば

ヤマトか佐川か・・・

一番手堅いのは

日本郵便かもしれませんが・・。