ウェブサイトの見積もりを出すのは非常に骨の折れる仕事だ

私の会社では、制作費用を計算する際、「制作時間」から単価を割り出す「リスク算出方式」を採用しており

デザイン料というのは、なかなか算出が難しく、やはり高度なデザインを含まなければある程度やすくしてよいと思うが

個人的に思うのが、ウェブデザインの本当のところはどこに比重をおくかだろうか

デザイン面をはじめ、基本コンテンツというのは「基本理念」という点を重視すれば、それはそれでよい。

実際にウェブコンテンツで集客率を上げるには、綿密な企画力が必要だ

でも、忘れはいけないのは「本質」はホームページのデザインではなく
「事業体」がどれだけすぐれているか?ということ
この点を忘れなければ、大丈夫と思う。

ウェブサイトのできることは、ほんのわずかであり

本当のところは

どれだけウェブサイトで伝えることがあるかをいれるよりも

写真一枚に込めた「コンセプト」で十分つたわるのではないか・・・

とすら思う今日この頃である。