パソコンメーカも近年、通販がはやりで

店頭販売メーカのほとんどが「メーカ直販サイト」をオープンしている。

もっともがっかりするのは「店頭」とほとんど値段に差が無いこと

パソコンの通販で各社各様の特徴があるのですが、私がこのメーカをおすすめする事はあえてしていない

理由は簡単である

「どのメーカも性能的に差がない」からである。

一時期のようなソーテック事件があるわけでないし

だからといって、外資系が極端に性能が悪いともいえない

そう考えたときに消去法で国内メーカになる一方、メーカの信頼性を考えたら

国内主要メーカ「NEC・富士通・東芝」になる

NEC・富士通は主に「国内パソコンのシェアの半分を持つ」一方、東芝は国際拠点に強みを持つ

個人的な好みは、シャープ・パナソニックになるのですが、近年「通好みの機種」がない事からほとんど触手が伸びない
とくにパナソニックの「レッツノート」シリーズは、タフネス+ハイスペックのコンビネーションで高級ブランドの代名詞にすらなっている。

見た目のスタイリッシュさが先進性を与えており、この点も非常に評価が高い。

すべてに共通していえるのは「通販」のメーカとして一番、有力な企業はどこか?

となったら

DELL

なんだろうと思う。

安いパソコンが中心とはいえ、普段使うには十分なんだろうかと・・・。

欠点は「送料が高い」事をのぞけば・・・。