このブログにもついてますが、Twitterは密かなブームではなく既に社会現象となりつつあります。
ブログがはやった時と同じようにTwitterが市民権を得るのはそう遠くありません。

ただ、Twitterのかかれていることを読むと、間違った使い方をしたり
マーケティングの一例に使ったりと

やはりTwitterからどのような形でビジネスにつなげるかが一つのキーポイントになっているようでしょうか。

ただわずかな文字数に託すコメントで興味を惹きつけられなければ・・・やはり意味がないのでしょうか。

ブログも「頻度」よりも「品質」とおもいます。
当然「品質」をあげるために「頻度」も増やさなければいけませんが