某量販店で、NTTドコモがしきりに「データカード安いよ」パソコンセットだよ

と営業トーク

話を聞くと100円で新規契約+パソコンが付いて来るという

ただ、解約すると違約金が2万数千円かかるよと言う

ここまでは、良いのだが「もう一つのプラン(いわゆるベーシックプラン)なら月額は高いけど、解約金は9975円で良いよ」と言う。

そんな馬鹿な話があるはずも無く、早速コールセンターで尋ねてみる。

そうすれば、データ通信契約の割引はプランがバリューであってもベーシックであっても「解約金」は同じだという。

もしそんな事で、契約して解約したら、数万円の違約金+契約上のペナルティが付けられる
(未納・滞納では無いが、契約上の観点から見ても好ましいとは言えない)

危うく「危険リスト」入りする所でした。

仮に販売員が「デタラメ」な事を言っても、契約を締結するのは「私」と「NTTドコモ」であって、販売員は契約をあっせんするに過ぎない。

そう考えてみれば、販売員の「安いよ」というのは「とにかく契約させてしまえばこっちの物」と言いたい野でしょうか。

違う考え方をすれば

頭金100円、初回月3000円、残り23回を1000円という考え方も出来る。

つまり30000円のパソコンを分割払いで購入すると言う考え方であれば
合計で26100円となる。

これが安い買い方なのか、それとも「高い」買い方なのかは分かりませんが

データ通信として使い道が無い私にとって

ネットブックそのものは魅力であっても

なんだか目くらましのように思えて、詐欺?と思ってしまうような商法には呆れかえってしまう。

100円で納得して買ってもらうと言うよりは

もっとほかに方法はあるだろう?と思って仕方がありません。