パソコン販売を考えた場合に、店頭モデルとBTOモデルはどちらがお得か?と言えば、正直悩む部分があります。

私ならば、迷わずBTOを選びますが、選ぶ場合には、いくつかの理由があり
その理由に合致しなければ、BTOを選ぶ事はおすすめ出来ません。

BTOを選ぶ以上は、ある程度の知識が無ければ間違い無く失敗します。

安い買い方をしてしまえば「買い忘れ」が出てしまうし

高い買い方をしてしまえば「不要品まで」買ってしまう。

そうした場合に、「バランス良く」購入するにはある程度の経験が必要になります。

BTOモデルが安いのは「ワードエクセル」といったオフィスパッケージがセットされていないケースが多く、店頭パッケージはこれらの標準ソフトウェアが付属しているのが特徴と言えます。

ベースパソコンを10万円とした場合
ワードエクセル→+2万円
ディスクドライブ+1万円
メモリ+1万円~2万円
関連アプリケーション+1~5万円

が加味されて店頭価格とBTO価格に開きがある事が分かります。
逆に、BTOモデルを店頭パッケージと合わせると「いわゆる定価」をはじき出す事が可能になる荒技も隠されており
店頭価格とBTO同一構成価格を比較することで、この店舗がどの程度で仕入れているかを調べる一つの目安になります。

今後の参考になるようにパソコン価格は、見極めをするならBTOで試算するのも一つの賢い買い方かもしれません。