商品物流を考えた際に、ただ単に、送る・受け取るではなく

「受け取った相手は、本人であるのか?」

と言う事に着目するサービスが

「受取人確認」サービスである
http://www.sagawa-exp.co.jp/service/kakunin/

このサービスを使った営業展開を考えてみると
近年では、ヤフオクに代表される「本人確認サービス」を拡充させた事に始まり

サービス展開は「法的」に本人である事を第三者的に確認する事が必要とされるケースで

特に非対面型販売を行う場合や、オークション代行といった業務を行う時にこのサービスで行う事により
本人である事を証明する手段として有効です。

もっとも、日常業務では、本人限定の受取を重視するケースは年々増えており

今後は、個人情報開示の際のサービス展開に使えると考えています。

私の会社でも、情報開示請求を行う際に、本サービスを用いる事で
「本人確認」の承認手続きを経ずに、発送処理が可能となり

さらには、受取時に手数料徴収を代引き契約を使うことでより有効性の高いサービス展開に繋がります。

こういったオペレーション業務等については、まずは私の会社が率先してサービス運用を整えてからとなる為に
すぐすぐといった事にはならないものの

いずれは、ほとんどの企業で受取人確認サービスを使う事は、当然の事として進むのではないでしょうか。

手続きの煩雑さがある、本受取人確認サービスでありますが

今後はより精度の高いサービス運用として行えるよう、研究したいと考えています。