ようやくOEM版のWindows7をインストールする仕事が入りました。

ただ、驚くばかりの私ですが

これまでのWindowsXPやVistaの頃と比べ、変わった事がありました。

インストール時に「不足ドライバーが少ない事」

いつも「不足」分をどうやって補うか不安ばかりがありましたが

これで安心してインストールが出来ます。

現実問題、WindowsXPの頃に比べ、インストールのタイミングも素早く、操作も軽快だったことにただびっくりしました。

一方で、OSの互換性や32ビット版よりも64ビット版を今後利用する事が前提になるなど、改善しなくてはいけない課題も山積みだけに

果たして実効性がどこまであるかは、まだまだ注目すべき事でしょうか。

パソコンサポートにおいて、Vistaの頃と違い、今回はパソコンの買換で確実にWindows7が増えてきます。

これらに対応していくべく、今年はOSの入替を含め検討しなくては行けない年になりました。