毎日の様にWindows7がヒットしていると言いながら
世間の半分以上がWindowsXPを使っている今日この頃です。

パソコンのライフサイクルは5年と言われ、本来は新しいOS(今回であればWindows7)になるのですが、
どうも事情がおかしい

そんな印象すら感じてしまいます。

Windows7を取り巻く環境は、周辺機器までを刷新させなければいけない事情があるのです。

近年、お客さんから「OS変わるたびにこんな不便な事があるのもねぇ」と言う声を聞きます。

この事は、約5年毎に起きており、今回が特別な事情とも思えません。

最初の動きが
1993年から1995年にかけて起きた「Windows3.1からWindows95」の移行期
さらに平行して使った時代があるWindowsNT3.51とWindows95の事
ビジネス用OSとしてWindowsNT4.0と家庭用のWindows98の時。

実は、WindowsのOSは当時から選択が難しい事で有名でした。

Windows=不安定

と言う定説は決してぬぐわれず

WindowsNT=安定

と言う神話すらありました。

しかし、
WindowsNT=ゲームには使えない

と言うエンドユーザの冷ややかな目もあり

WindowsNT4.0→USBが使えない

などと、どれも「利点」よりも欠点が目立った頃でした。

それが、ある程度画期的になったのが
Windows2000(別名WindowsNT5.0)が発売された事でしょうか。

やっと、Windows98からサポートされたUSBが使えるようになった
と言うだけで評価は高く、よかったと思ったのもつかの間・・

WindowsMe系列の開発終了と、Windows2000の合流という流れ

これが、2001年の事です。

このとき、Windows98系で動作していたソフトは、Windows2000ないし、XPでは軒並み「全滅」した事は記憶に新しい事と思います。

Windows98等で長年使っていたゲーム関連のエンジンは、WindowsXPの登場ですべて「全滅」しました。

そのため、WindowsXP対応版が登場したのです。

しかし、WindowsXPの流れをくむOSとしてWindows2000により全滅する事態はなんとか避けられました。

今回は、WindowsVistaの登場で、当時のWindows2000とWindowsMeのような2系統のOSでなく、1系統のOSのバージョンアップであったため、「代替」や「継承」といった事が無く

本当の意味での「全滅」になりました。

そういった互換性の問題に拍車をかけたのはWindowsと並ぶメインアプリケーション(ソフトウェア)のMicrosoftOfficeの仕様変更があげられます。

これまでは、ある程度の互換性を保ち、バージョンアップしていたOfficeですが

今回からは、デザインも中身も操作もすべて刷新されてしまい

既存のユーザとのデータ交換が困難になった上、操作も1から覚え直しといった惨劇も起きています。

こういう背景を見ると、WindowsVistaやWindows7に移行するのをためらってしまうのは、ある意味当然の流れかもしれません。

ただ、私たちもいつまでもWindowsXPを使い続ける事は不可能になってきます。

ウイルス駆除などといったアプリケーションは、OSのサポート期間を過ぎた途端に対象外となり、インストールが不可能になります。

さらに、インターネットアプリケーションのバージョンアップの打ち切りが行われたり(特にマイクロソフト)と様々な面で、移行を促されます。

そういった中だからこそ、果敢にWindows7の移行を勧めるかといえば

現時点ではWindowsXPとWindows7の両方を使う方が良い

と言うのが正直な感想です。

私の会社も一部の業務はWindowsXPでなければ動かせない事案があり
Windows7に変更する事は難しいのです。

さらにWindows7に移行をするべき本当の理由は

新しいソフトウェアとハードウェアがWindows7を前提にしているため

WindowsXPでは対応が難しくなっていると言う事

こういった事をふまえつつ

今後の動きに注目したいところです