これは、携帯電話業界の新たな動向とも言える事

ソフトバンクモバイルが、3Gネットワークと既存ワイヤレスであるwi-fiのハイブリッドサービスである一方

NTTドコモは、3Gアンテナを室内に設置する高速3Gサービスを展開することで、両者のサービス展開が明らかになった

ソフトバンクモバイルの、3GとWi-Fiのハイブリッドは、いわゆる「無通信地帯」を既存ブロードバンド回線である「モバイルスポット網」を活用することで展開。
(これは、いわゆるホットスポットと呼ばれる、マクドナルドや駅などに設置した通信回線を活用)

一方で、NTTドコモが展開する3Gアンテナは、NTT東西が展開するFTTH回線に併設する形で展開する

どちらも「既存インフラ」を活用した展開となる

ただ、残念な事に「どちらの会社も、通信コスト」を下げる事には全く貢献しておらず

さらなるARPU(通信に関する平均単価)をあげる事にしかなっていないため、iPHONEなどに設置されたWi-Fiとの差別化はどうなるのか?気になる。

この日記でも、たびたび提案する事の一つに「パケット定額を半額に!!」という事は未だに実現しておらず

これが解消されればもっと使いやすくなるのに・・・というのがホンネである。

今回の高速通信バトルにKDDIだけは「ガンガンメール」を販売している事が何とも不思議でならず

今後の動向に注目したいところである。