パソコンの故障はリコールが発生しない限り、保証期間を過ぎた場合は、原則「有償修理」が原則です。

私が知る限りでも、相当数、1ヶ月前に期限が切れて修理見積をだしたら、有償になったケースは正直後を絶ちません。

一日くらい大丈夫だろうとか、この程度ならと言う事は誰しもあると思う事です。

しかし、そう思ってしまってからでは遅いので、パソコンの修理保険(最長3年)が付与されている場合は、責任発生日を起算した保証期間をパソコンの裏面あたりにシールなどで付記するのも大事に思えます。

特に修理で急を要す場合や特別な事情がある場合は、今出すとかでなく、最初に販売店へ「修理したい意志」を告げる事が大事です。

その上で、期限が迫っている場合はまず修理に出しておくこと

修理後に期限が過ぎた場合は、修理後の対応で同一箇所が再発した場合継続修理を受けることが可能です。

いずれにしても

故障と気づいたらまずは「問い合わせ」が大事です