コンビニ決済=リアルタイムに入金処理が出来る

と言うことで、日頃から便利に活用しているのが最近でしょうか。

インターネットサービスにおいて「コンビニ決済」は「カード決済」と並ぶ程、便利なサービスです

私自身がコンビニ決済に注目しているのはいわゆる「リアルタイム性」です

24時間決済可能なコンビニエンスストアで入金をすると、オンラインサービスを通じて、様々な活用が可能で

イプシロンの場合、コンビニで入金が発生すると
一定時間後に入金通知結果を配信する仕組みがあり、これらを受け取る事で「ダウンロードサービス」をおこなったり、「ポイント課金」を増やしたりとそのサービスの幅は大きく広がります。

コンビニ決済の便利なところは「入金タイミング」とシステム化の連動がとりやすいところに魅力があります。

カードなどのように、リアルタイム性には欠けますが

利便性が高いサービスは言えるのではないかと思います

コンビニ決済は「ユーザ」が「店舗で払込」→「コンビニ本部のシステムへ通知」→「決済会社から加盟店へ通知」→「サービス執行」

と言う流れをくみます

コンビニ決済はすべての事務作業を自動化する便利な決済システムとして主として収納機関で活用されていますが、サービスとして取り込むとこれほど便利なサービスもほかにありません。