10月22日、いよいよWindows7がリリースされ、果たして性能はどれほど期待できるか

その中でもXP互換モードという新機能は、10月22日からDownload Centerを通じて配布される計画です

そのため、注目度のあるサービスと言えます

ただ、本質はWindows7でXP互換モードを利用するよりも、純粋にWindowsXPを利用する方が得策では無いかと言う声も聞かれ、2014年まではWidnowsXPを利用するだろうと言う意見が実際の所大多数といった感じもします。

これは、時代のサービス改革にとって、逆行しておりWindowsVistaで負ったマイナスイメージが今回リリースアップされるWindows7にも少なかれ影響を及ぼしているのは事実です。

さらに、一般普及版である「HomePremium」では、XP互換モードは「対象外」となっており、上位版である「Pro版」「UL版」の2バージョンしかXPモードは対象となっていません。

このため、Pro版以降はWindowsXpへのダウングレード権も付与されるため、懸念事項は全く払拭されません。

この点も今後の課題として、見据え

Windows7が受け入れられなければ、WindowsXP改で再登板する可能性も正直捨てきれないでしょうか

今のユーザーの動向を見る限りではWindowsVistaはおろか、Windows7の操作性も期待されていません。

Microsoft office 2007で大幅に操作性が変わったことも、さらに追い打ちをかけており、ますます課題です

私たちの仕事も高度化が求められることになりそうです