不況という時代になれば、起業が増える一方で、廃業が相次ぐと言う事が多く見られます。

私の業界においても、毎年数社のペースで廃業したり合併したりするケースが多く、特に共同で行っている場合は、どちらかの会社が廃業に追い込まれているケースが多いと見ています。

また、外注における営業展開が多い企業が増えてきており、自前では営業しか行わず、コンサルティングからサポートまで外注業者を引率しているケースも見受けられます。

しかし、一般のユーザからみて、外注か自前かは私たちから見ても知るよしもありません。

ユーザは「対応スピード」と「応対時の知識」がしっかりしているかと言うことしか現実問われません。

これが出来ない業者は、仮に外注でなくても、自然淘汰されていくように感じます。

難しい時代になりました