10月1日から統合予定?だったJPエクスプレスは所轄官庁の認可が得られなかった為、統合は見送られる公算が高まったと言う

元々、鳩山騒動?で世間をにぎわっていたご時世を考えると、仕方ないと言う反面、いままでの「ゆうパック」との兼ね合いがどうなるのかが気になる所です。

ペリカン便とゆうパックの統合を前提に4月からJPエクスプレスとしてスタートしたものの、依然日通と日本郵便のサービスが併存する中、現段階で統合されたのは「料金」だけであり、そのほかの部分は今まで通りな所です。

私自身は配達時間が日通の方がどうしても遅く、日本郵便にあわせると、最大2日短縮されるので、ユーザから見て良い方に会わせて欲しいが個人的には「料金は日通のままで」、「配達時間は日本郵便」にしてくれた方がよっぽどよかったのですが・・・逆になる段階で、ダメだと感じたのです。

もっとも、宅配大手2社(ヤマト・佐川)のサービスにこの日通+日本郵便が頑張れば変わると思いますが

細部にわたり、大手2社に無い、良さを生かしつつ、ダメな部分は改善していければ、今後も利用したいと思うのですが・・・

気になっていた統合問題が今頃になって噴出するのは10月からのスタートが出来ないことに関する、焦りでしょうか。

新たな火種になりそうな予感です