近年は、パソコンの出張買取依頼が増えてきましたが、困ったことがあります

買い取ったパソコンの耐用年数次第では、処分手数料を徴収しなければいけない、いわゆる「マイナス査定」が増えてきました。

このマイナス査定は、今に始まった事でなく、昔からですが、以前は「粗大ゴミ」に出すなどの方法で処分できた、パソコン類ですが、近年は「パソコンリサイクル法」に基づき、粗大ゴミで処分する事ができなくなっています。

さらに、残念な話題の一つに

廃品回収業者は、「えり好み」して引き取らないケースが相次いでいるのが近年の特徴です。

私自身も以前は、無償で引き取って、廃品回収業者へ回していましたが、最近は「実費処分」で行っているのが正直な所です。

買取がそれだけ難しくなった為か、パソコンの買取関係は非常に難しくなりました。

事務所のパソコンは、幸い、リサイクル法開始後のパソコンの為、現時点では特別な負担無く処分は可能となった物の、今後の事を考えると非常に頭が痛い思いをします。

買取相場の目安は、全部そろって満額となりますが

欠損や破損があれば、マイナスを行い、最悪は「0または引き取り不可」というケースも少なくありません。

パソコンを売却するか処分するかを考える時は、手出しが無い方法を相談する事が大事と思います。

難しい世の中になりました