7月1日から、ソフトバンクモバイルの携帯電話では

これまで、携帯電話のファームウェア更新は、預かり修理をもって対応していた「バーjんアップ」が携帯のアップデート機能から行えるようになりました。

すでに、ドコモやKDDIでは、標準サービスとなっている面ですが、やっとソフトバンクも始まったと思うと、ホッとする限りです。

近年は、ホワイトプランの登場で、携帯電話の通話料が月々1000円前後で済むのは大変経済的で、便利ですが

一方で、付加サービスがどんどん増えている事をかいま見ると、どっちがメリットあるサービスか?といえば、迷う部分でもあると思います。

パケット契約なくても、最低限のパケットサービスが受けられるよう、サービス拡充を期待しております。