これまで、エクスパック500という専用封筒サービスによる翌日配達サービスを展開していましたが

ついに来年度から350円封筒の投入で4kgまで可能なサービスが始まると言う

ただ、予定である所がポイントで500円で対面投函といったところを考えれば

気づかない落とし穴がある

その1:これまでのエクスパック500と新サービスの500円サービスの違いは

その2:1キロまで400円のポスパケットは廃止になるのか?

その3:批判を受けた配達記録に変わる新サービスに置き換えができるのか

その4:ヤマトのメール便に対する対抗サービスなのか

などと、関心度合いが高い物とはいえ

「信書」の定義を私を含めた日本人がどれだけしっているのだろうか
(もちろん、法曹界・日本郵便関係者を除くとして)

信書として送れないものは「現金」くらいと思っているのでは無いでしょうか。

私も、個人的に考えた部分として

エクスパックを使って信書の定義に沿って見た場合に、「再生不能物」は信書となるが、「再生可能なものは信書でない」といった定義があるのですが

本当のところ、どこが正しいのか私には分かりません。

見解がずれていると思うので、誤解無きよう申し上げると

「住民票」なら、信書にならないのか?

「納品書」なら、信書であるが、実際は宅配物には納品書が付いているが、これは違法でないのか?

現実は、宅配物には納品書がつきものですが、どうしたら良いのでしょう???

色々考えてみても浮かばない事ばかりですが

350円封筒の事よりも、ポスパケットの行方が気になります。

できれば、350円専用封筒がでるならば、ポスパケットを1キロ限定で200円にしてくれたらどれだけ助かるか

現実問題、特定記録が最低210円(50円+160円)と考えた場合に、ポスパケットが200円ならば、メール便よりも早く届くし、安心ではあるんですが・・・・

色々と考え物です