最近、携帯電話が増えてきたこともあり

ますます電話にでることが「おっくう」になりました。

携帯電話がつなぐライフスタイルの変化は「オンデマンド」ということに他なりません。

私は、どんなに親しい方でも「携帯」にかけることは悩みます。

普段のやりとりが携帯の方はもちろん別としても事務所や店舗がある場合は、電話の受け方で様子がわかるため、忙しいかどうか判断が付くためでもあります。

私自身、携帯に電話をもらうより「事務所」へ電話してもらうことを強くすすめるのは、打ち合わせの大多数は「パソコン」がなければ仕事にならないことが多く、携帯でもらうのは出先で、どうしてもというときである。

私が携帯を教えるのは「非常に親しい間柄」または「友人」だけで、それ以外には携帯番号を教えることはまずない。

メルアドもあるから、メールでやりとりする方がよっぽど効率がよいこともある。

電話っていうのは「双方向コミュニケーション」に見えても、実は「片方向コミュニケーション」ということに気づいていない。

なぜなら、電話をかけるほうは、受けることを全く「考慮」していないからである。

特に携帯へかけるときは「相手の都合を最優先」して、「電話大丈夫?」といったことを告げることはもちろんである。

それくらい気を遣わなければ、いけない難しいメディアであるからだ。

マナーやルールはもちろんのこと、サービスのあり方を問われることが多い電話サービス。

便利だからこそ、一息考えてほしいと切に感じました。