最近、一番頭を痛める事案が「迷惑メール対策」。

迷惑メールは「いたちごっこ」で、一向によい解決方法が見つからない。

さらにやっかいな話が「プロバイダのアクセス制限」と「プロバイダのスパムリスト」に加わっているという話。

最近、一部のプロバイダからのメールが受信出来ないことが多く、よくよく調べてみると

本来受信すべきメールが「削除対象」になっていることが判明。

この件に関する抜本的な対策は、残念ながら目視確認になるという。

前々からスパム問題は懸案事項ではあったのだが、このような形で発生すると

やはり・・・自動化に頼りすぎることは危険

ということもわかり、ますます頭の痛い話である。

結論としてでたことは、総合的に勘案して

ウイルスバスターなどのPCソフトウェアと組み合わせで使うことが一番の解決方法ではないか?

ということである。

スパムカットがついている、サーバをお使いの方は要注意ということ。

厳しい現実を突きつけられてしまった。