先日、資料請求した「メール便コレクト」の件で、電話がありました。

資料の事で、何か質問がありますか?という事。

ご丁寧にありがとうと言いたいところだが

「資料に目を通して、だめだこりゃ」というのが正直な感想。

サービスそのものは、非常に魅力的で、うちの事務所でも導入したいと思うほど。

何が問題かといえば、「導入コスト」だったのです。

契約時に審査があるところまでは、問題なしとして

プリンタは「特定メーカの特定機種」だから、どうしようもない。

印字品質の関係上、「レーザプリンタが必須」というのは、納得しても

「A4しか使わないのにA3を使うのは、理解ができない」

さらに、「モノクロ専用」

極めつけは「メーカ取り寄せ商品」

なのだ。

全く持って

「ふざけている」

としか言いようがない。

契約を前提にプリンタを買いました

契約の審査ではじかれました。

プリンタは返品出来ません。

じゃ話にならない訳で

やはり、広く普及している「インクジェット対応」の用紙を開発するか

あるいは、「レーザプリンタ全般」にしてほしいのが正直な感想。

もちろん、賛否両論もあるだろうし、問題が多いのも重々わかる。

しかしだ

もっと利用者を増やしたいと考えるなら

導入のハードルを下げるべきではないだろうか?

ハードありきで、導入環境を考えるなら、もっと「ソフト」の精度をあげればよいのではないか?

これは、専門家の視点からでもあるし、実際に開発経験がある自分の意見でもある。

サービスとして、言える事は「自己満足」じゃまずいということ。

会社の規模や方針が違うのでひとくくりに言えないが「ユーザの視点」をしっかり、見据えてほしいものである。

久々に熱くなってしまった。