私の事務所で、使っているウイルスソフトは「ウイルスバスター」を採用しています。

ほかにもいろいろなメーカがあるのですが、なれたメーカが一番安心出来ると言う理由で、現在も使っています。

さて、ファイル交換ソフトのwinnyの語源は、WinMXをもじったモノは結構、有名な話です。

しかし、情報流出とWinnyは決まって登場しています。

これは、なぜか?

結構気になる私は、原因を調べました。

すると

ダウンロードしたプログラムに「情報流出」のウイルスが仕込まれれて、ばらまかれる

という代物でした。

つまり、winnyそのものが原因ではなく、ダウンロードしたソフトを実行したときに感染した

というのがそもそもの原因だったのです。

winnyそのものを使うなとは言いませんが

プログラムのダウンロード=ウイルス感染の危険性がある

訳です。

これを未然に防ぐためには、「ウイルス駆除」ソフトを常に動作させる必要があります。

結果として、感染した理由は、プログラムをダウンロードした

実行したときに、検疫作業(ウイルスチェック)を怠った。

自覚症状がないので、そのまま使った

気づいたらいつの間にか感染して、瞬く間に、事件になってしまった。

ということは日常茶飯事という事です。

そのような理由から、

面倒でも

動きが遅くても

ウイルス駆除ソフトは「必ず」導入してほしいということです。もちろん、このような事は起きてほしくはありません。

目に見えにくい為、細心の注意が必要ということです。

どうしてもwinnyを使いたいと思うならば

パソコンには個人情報を入れない

ウイルス駆除ソフトは常に動作させておく

といった心構えは重要ではないでしょうか。

便利になった反面、身近に危険が迫っているようにおもった今日この頃です。