とある記事で読んだ話題で、関心を引いたことがありました

ユーザが一番購入をためらう要素は「運賃」「手数料」「サポート」の点だということ。

これは、ネットショップ=非対面型販売である以上、どうしても避けられない要素だと思うのです。

対面販売と違い、非対面型はかならず、運搬が発生します。

そのため、運賃がかかるのは当然といえるのですが

やはり、額面と商品の規模で発生するのは致し方ないところもあります。

それでも「タダ」とはいわないが、「商品より高額」になることには、抵抗感があるということ。

この点は、対面型と同じそれ以上のサービスをしなくては、非対面型では成功しないということを書かれていました。

もちろん、これがすべてとは思いませんが、サポート面も重視したいところです。

改めて、ネットショップの厳しさを垣間見たように思いました。