今日、パソコンの設定をしているときに、「DNSは東日本と西日本で違うらしい」という話を聞きました。

そもそも「DNS」って何?という質問。

正式には Domain Name System の略で、これでもわかんねーよ。という為にもっと詳しくつっこむと

インターネットの世界は「12.34.56.78」といったIPアドレスと呼ばれる番地がパソコン1台1台に割り当てられています。

12.34.56.78はたとえば「田中」さんの家としたら、12.34.56.79は「山田」さんの家という仕組みです。

ただ、これを覚えるのは、至難の業で、私も含め覚えきれるはずがありません。

そこで、登場したのがDNSなのです。

DNSには、IPアドレスの別名であるドメイン(たとえば yahoo.jpなど)と12.34.56.78の番号が対になったデータベースが構築されています。その変換をするサービスが「DNS」なのです。

このサービスのおかげで、番号を覚える必要がなくなり、視覚的、感覚的に覚えることが可能になりました。

さて、本題に戻ると

東日本と西日本でDNSが違う理由は、「参照」する負荷を分散させる目的があります。

すべてが、同じDNSを使用すると、当然「パンク」します。

パンクすると、「変換」作業が遅延するため、表示されません。

厳密に言えば、かんたんにパンクするほど、華奢でないだろうし、深く心配する必要もありません。

現在は、接続の時、自動的にDNSをセンターで割りあてるため、このような事も気にする必要がなくなりました。

しかしながら、メール・ホームページ・ゲームに至るまで、インターネットサービスの基幹機能であるDNSは、非常に重要な役割を持っています。

地味なサービスですが、一番重要な部分でもあるのです。

インターネットは本当、奥が深いです。