1週間の中で一番、忙しい日。金曜日

夜明けから出かけ、夕闇の中戻る。

12時間フルタイム行動はこの日くらいですが、個人事務所だといつもの事なので気にしてません(汗)

さて、いつものように事務員からの電話

「社長・・・NTTの代理店を名乗る方から電話がありました。」

昼前だったと思うのですが、昼食とってうとうとしていたようですが、電話の内容は

「NTTの代理店ですが・・・請求書はもう届いてますか?」

という話。

私は、んなもん放っておけというのだが

「悪質だから、ちゃんと話をして–;」とせっつかれる私。

それから、メールでもらった電話にかけるが、不通。

困ったなぁと思いつつ、もう一つあるという番号にかける。

少なくとも

安くなるという電話のPRはIP化(インターネット電話等)が進んだため、形骸化し意味をなしません。

今回もらった「プラチナライン」は確かに便利だが

メリットのあるユーザはごくわずか。

通話料が若干安くなっても、割引適用が減ると一気に高くなります。

テレアポで「NTTですが、というのと、請求書届いてますか?」

といわれれば「あ、未納だったかも・・・汗」と思うのが普通です。

もし何も知らずに「NTT」と「請求書をみて安くなる方法がある」という電話があれば「信用してしまう」のが普通です。

そんなわけで、怪しいと思う前に、落ち着いて「会社名」と「担当者名」を尋ね

「連絡先電話番号」を尋ねた際、「コールセンタのフリーダイヤル」はもちろんの事、担当者デスク直通の電話番号が「フリーダイヤル」を確認します。

その際、「一般固定電話や携帯電話」ならば、まず怪しいと思って間違いありません。コールセンタが「西日本エリアであれば、大阪・静岡付近まで」、「東日本エリアなら、東京から札幌」までとなるのが普通です。

NTTは分社の関係で東西がはっきり分かれています。大変重要です。

また、本家NTTの主要コールセンタは、必ず各都道府県にあり、一般電話番号を教える事を極度に嫌います。理由は「着信規制をとることができないため」だからです。(一般電話番号=裏番号)扱いで、原則フリーダイヤルが設置されています。

フリーダイヤルの場合、「時間制限」をかける事ができ非常に有効です。無駄な着信を受ける事もないため、さらに便利です。

もっとも

今回着信をうけた電話番号は「特殊」な事であるため、契約も成立せず、何のメリットもありません。改めて考えさせられました。オレオレ詐欺はこんなやり方で巻き込まれるんだと。

では、また