最近、WindowsMeの設定の相談をうけ、サポートに向かいました。

一番頭の痛い話が「ソフトの対応が少ない」ということでした。

現在のVistaからすると、Meは、系統が異なるのです。

Windowsには9x系とNT系があります。

もっと昔にさかのぼると

Windows3.1とWindowsNT3.51では全く別のOSでした。

動作するソフトにも多少差があり、ゲームはWindows3.1のみでWindowsNT3.51では使えなかったのです。

その後、Windowsの安定性を考え、Windows3.1の最終バージョンであるWindowsMeで開発が終了しました。

現在は、WindowsNT系のOSであるWindowsXP・Vistaに引き継がれているのです。

その結果、Meで使えるソフトは非常に限られてしまったのです。

現在でもMeを使っているユーザは多数おられるのですが

インターネット系のソフト(インターネットエクスプローラー等)のバージョンアップができなくなってきています。

通常使う分には支障なさそうですが、SSLといったサービスを利用する際は、軒並み全滅するため、やっかいな問題もはらんでいます。

インターネットを使わないのであれば、WindowsMeでも十分現役ですが、インターネットをつかうのであれば、やはりWindowsXPまたはVISTAに移行するのが得策のようです。

パソコン本体も5万円台で購入できる事もふまえ、この機会に量販店でチェックするのもいかがでしょうか。

結論として

パソコンは用途に合わせて使おう

ということです。