今日は、USB−HDDがつながらないと相談を受ける。

外付けの状態も確認することもなく、現地へ向かう。

それから、調べてみると

やはりつながらない。

つなごうとすると「カコーンカコーン」といやな音がする。

困ったなぁと思いながら、動くというもう一つのほうでつなぐと正常に動作する。

おかしいと思いながらも、気になった事が一つ。

USBハードディスクには、通常、供給用電源ケーブル(AC100Vのほか、USB供給がある)がついているのですが、この機器には、ついてなかったという。(いわゆるコストダウンの別売りとのこと)

幸い、もう一つあり、そちらのほうでは「ACケーブル付き」だったので供給しながら使うと、正常に動作するという結果。

単純な事とはいえ、笑えるはずがありません。

ちなみに、動作しなかったのはSiS7000チップのUSB、一方で対応していたのはVIA rev5のUSBでした。

この日記を書いている段階では、詳細は調べてませんが、USBの構造が異なるのでは無いかと思われます。

検証として行ってませんが、USBハブ経由なら、動作した可能性もありますが、こちらについても真相ははっきりしてません。

このような事があると、最初から用意してほしいと思うのが常です。