近頃、いろんなホームページで「ポイント」に関する話題を多く見かけるようになりました

ポイントやクーポンといったものはいったいどれほどの魅力があるのか?

考えてみました

いろいろ考えてみると「換金性」が高いものと「運用性」があるものの2つがやはり魅力で

その代表格がマイルだと言われています。最初、マイルを「参る(参った)」と思い、何のこっちゃ?と思ったのですがこれがポイントの先駆けだったようです。

ポイントに関する事は、販売店が嫌うケースがあるのです

理由として

「ポイント=値引き」として使い、値引き分はそのまま損失扱い

で処理する事があるからなのです。

ある旅行サイトでポイント割引を使うと、旅館側は否応なしに「補填なし」の値引きを強いられる事があります。

これは正直つらいものがあり、好まれていません。

ある会社は、その販売店が嫌う、「ポイント=値引き」でなく「ポイント=補填」という手法を取り入れ業績を伸ばしているところもあります。

ポイントというのは、会社の「借金」に相当すると言われています。ポイントを借金とみるか、お客さんへの「建前」とみるかは会社の考え方で変化すると思います

もっともポイントによる購買力をかき立てる要素がなければ今後は生き残れない様に思います。