ニフティ・ビッグローブ・IIJが提携 システム統合、値下げ狙う

 インターネット接続業者(プロバイダー)大手のNECビッグローブ(東京・品川)とニフティ、同中堅のインターネットイニシアティブ(IIJ)3社が包括提携する。2011年をめどにメールや課金、データ管理などの中核システムを統合。コストを削減して利用料金引き下げを目指す。3社は資本提携も検討。ブロードバンド(高速大容量)接続の成長が鈍るなかで、生き残りを図る。

 週内に基本合意する見通し。ビッグローブは国内シェア4位(08年12月末、日本経済新聞推定)、ニフティは富士通系でシェア6位。IIJを加えた3社のシェアは単純合計で14.4%となり、2位のソフトバンク(シェア14.9%)とほぼ並ぶ陣営となる。

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=NSE2INK02%2010052009
(日経新聞より引用)

実際のところ、この3社は古くからある最大手ばかりですが、近年はソフトバンク系のヤフーBBやNTTグループのOCNが中心であるのは確かです。

各社のプレリリースにはまだ、発表がないところをみれば、近日中ではあるものの

果たして今後どうなるのか、気になる所です

今一番思うのは光回線のコストがまだまだ高く感じる事でしょうか

もっと普及するならば、今の半額程度まで下がり、エリアを増やしてほしいのが正直な感想でしょうか。

うちの事務所に限った話題ではNTTが光サービスの提供をはじめたら、BBIQは即解約できるんですが・・・

現実はそう甘くなさそうです