以前、しつこく電話があった某代理店に「iFAX」のサービスの申し込みをかねた問い合わせをしてみた。

なぜかと言えば「600000社の実績」というから、経験豊かなスタッフが多い事だと思う訳です。

早速、問い合わせをしてみると「うちでは取扱がないので・・分からない」という話。

以前電話があった際は「契約したら、手数料をキャッシュバックします」という話をしていたので

やっぱり「直接申し込みよりお得」と勝手におもった私がまずかったのですが

その後の調査でわかったのは「過去1年間の取扱実績は0」との事。

本当にソリューションとして成り立つのか?は甚だ疑問ですが

今回このサービスを始める事で、多くの方に利用してもらう?と言うよりは専門的なサービスを「代理店」に求めた方が悪いかもしれません。

実際問題、専門サービスになればなるほど、対応できるスタッフが激減し、下手すると「長崎」じゃなく「福岡」や「大阪」から担当者が打ち合わせに来るなど、サービスが変わってくるのが実情ともいえます。

もっとも、便利だから申し込もうと言うサービスでは無く、実際に使う企業において「便利」だから使おうと言うのが正直な感想です。

ファクスの配信コストを今までより低減出来る事は、何よりも経費削減にはもってこいで、今まで導入出来なかったお客さんにも勧められるサービスと思えば、なおさら今後はサービス拡充を図れる一つのメリットに出来ると思うからです。

ただ、代理店にこだわるのは「販売実績」を増やすのが、本質であり「手数料」は二の次と思っています。

大手だから「優れている」とか、中小企業だから「何も知らない」という事は無く、すべては「投資」をどれだけしたかが、大事に思えてなりません。

それが実際、あの代理店は様々な商品知識があるから優秀だ

と言う事が、次の仕事につながるのは確かで、「一方的な営業」をする割には「必要なサービス知識」を持ち合わせなければ、代理店を名乗る資格はない。と思ってしまいます。

もっともSEO対策で1番にあがってきても「実際の代理店としてのスキルは最低」では、本末転倒に思えてなりません。

普段であれば、「名指し」で書きたい所ですが

NTTコミュニケーションズ 代理店 で1番目に検索結果のあがる大企業といえば分かると思います。興味がある方は検索してみてはいかがでしょうか。